街頭アンケートをとるに当たってもコミュニケーション能力は大事だなと。

今日買い物から帰っている途中、アンケートのお願いで呼び止められた。普段はそんなの気にも留めず、結構ですと言って立ち去るのだけれど、今回は引きとめ方が面白かったためついついのってしまった。最近あまり人と話す機会も無かったので人との触れ合いを欲していたのだろう。

とても明るい人でお話が弾む。普段あまりしゃべらない私もしゃべってると段々楽しくなってきた。世間話をしている感触。しかし、そこはやはりアンケート。ところどころ個人情報を聞き出す質問が出てくる。話の流れでスムーズにたずねてくる。本当に、すごいな。見た目そこら辺のおばちゃんなのによく話を続けさせる応対が出来るなあと驚く。笑顔は笑顔なのだが、営業用スマイルという感じではなく、恥ずかしがりながら笑いでテンションを上げて話を進めている感じ。こちらは気後れせず、親しみを持って話が出来る。すごい技術だ。努力して獲得した感じも無い。コミュニケーション能力が本当に高いなと感じた。

結果、単なるアンケートではなく、勧誘も兼ねたアンケートだったのだが、個人情報を軽く喋ってしまった後悔と、勧誘に乗る気が無いのに無駄な時間を相手に取らせてしまって申し訳ないという思いが募った。しかし、コミュニケーションはこうやってとっていくのかとすごく勉強になった。同時にこんなコミュ力が高い人をスムーズにかわして個人情報を話さないようにもっていくにはどうすれば良いのか考えさせられる出来事であった。おばちゃんのコミュ力おそるべし。