なんでそんなにがたくしようとやるの?

なんで個人ってクッキングをつらくしようと始めるのかな。昔から謎。おでんにはからし。
お刺身にはわさび。ピザにはタバスコ。ソーセージにはマスタード。ラーメンには胡椒。なんで入れちゃうのさ。
特別難しくなくたって喜ばしいのに。否、きつくないほうが美味いって。自身、今、挙げたの、どれも付けない。生姜はよく使うけど、辛くしたくて取り扱うんじゃないの。あのフレーバーがほしくて扱うだし。ボディを温めてくれるから、健康にも嬉しいでしょ。夏にはそうめんの香味料にも必須欠かせない。山盛り使っても、そんなにつらくならないしね。フィーリングが真っ赤な、七味山盛り入れてあるようなクッキング、あるけど、美味しそうとは思えない。もう、ただただ、辛味しか感じないような思いが行なう。麻婆豆腐とかでもあるじゃない、そういうの。豆腐が憐れだわ、テースト、全くわからなくて。ピリ辛状況なら、私だって嬉しいって思うけど、激辛クッキングの強みって、わからないなぁ…。なんでもほどほどがいいよね。甘さとか、酸っぱさとかもみたいけど。『烈』がついちゃうのは嬉しくない。むしろ、薄味で、もとのテーストがちゃんと聞こえるのが自身はびいきかな。各自でもしっかり、美味しさ持ってるだし。献立の言葉書いてたら胴空いてきちゃった。昼飯に決めるっと。